(終了)【Unity】開発を加速する定番アセットが40%OFF!「真夏のインディ・キャンペーン」第3弾セールがUnityAssetStoreで開催中!クーポンコードでさらに値引き!【おすすめ】

スポンサーリンク

Unity アセットストアで魅力的なアセットのセール開催!

第1弾と第2弾が合わせてセール対象になった中から選ばれたものが第3弾の対象。

実際に保有しているおすすめのアセットも多いので注目です。

概要

インディーゲーム開発を加速する魅力的なアセットが40%オフのセール対象(202種)

さらに注文の合計金額額によって値引き率が変わる使用できるクーポンコードもあります

日本時間の2022年9月1日3時59分まで

URLは下記になります

https://assetstore.unity.com/top-assets-for-indie-game-development?aid=1011l4sD8

この投稿にはアフィリエイトリンクが含まれています。リンクをクリックして推薦したアセットを購入すると私が手数料を受け取ることがあります。これらのリンクをクリックしてもクリックすることに対して費用はかかりませんのでご安心ください。受け取るアフィリエイト手数料はこのサイトの運営や私の開発プロジェクトに役立てさせていただきます。

今回のセール対象ラインアップと注目アセット

今回のラインナップの中で注目・おすすめ、気になるアセットをピックアップしていきます。

ピックアップ!

今回の対象アセットの中から保有していたり、気になったアセットをご紹介します


Easy Save – The Complete Save Data & Serialization Asset:セーブ機能を簡単に実装できるアセット。実際にゼロから作ろうとすると結構大変なんですよね。定番アセットですね。

Odin – Inspector and Serializer: インスペクターなどをカスタマイズすることで作業効率や情報管理がしやすくなります。もはやド定番アセット。購入済ですが、イマイチ使いこなせていません・・・自分は。


Playmaker:ビジュアルスクリプティングと言えば鉄板のアセット。簡単にゲームを作るのにはおすすめという方は多いですね。自分も持っているのですが、触っていないので使いこなしたいところです。


Corgi Engine – 2D + 2.5D Platformer:2Dや2.5Dのアクションゲームを容易に作ることができる定番アセット。購入済でデモを触っていますが、スーパーマリオ的なものや忍者龍剣伝みたいなアクションゲームが簡単に作れそうな感じ。買って良かったなと。

TopDown Engine:上記のCorgi Engineと同じ開発者が作ったトップダウンに特化した定番アセット。購入済みでデモを触るだけでもけっこう面白いです。モバイルなどへの対応もあるので、おすすめです。


Adventure Creator:アドベンチャーゲームを作るのに便利なツールがまとまったアセット。魅力的なので以前から目をつけています。


Feel: ジャンプや振動などの効果を簡単につけることができるアセット。購入済み。デモを触ってみると、なかなか面白い効果をつけられますね。使うゲームを作りたいですね。


RayFire for Unity:破壊系では個人的に一押し。下手なもの買うならこれ買っておけと。個人的には買って良かったアセット上位です。

使ってみた記事

【Unityアセット】「RayFire for Unity」で斬る(Slice)がうまくいかなかった件【苦戦】
Unityのアセットで破壊系と言えば「RayFire forUnity」はかなり有名です。 実際にデモなどを見てみると買いたいと思いましたね。ただお値段がなかなかなので、セール時に買ったのですが・・・。 さて実際...

【Unityアセット】「RayFire for Unity」で斬る(Slice)がうまくいかなかった件【苦戦】

Magica Cloth:布の表現はこれがあればOKという声も根強いアセット。


Final IK:キャラクターを動かすと言えばこれというド定番アセット。VR(VRIK)にも対応しており、個人的にも大好きで感動すら覚えました。

使ってみた記事

【VR】Oculus Quest(1・2)でVRIKを使ってVTuberっぽい動作を鏡みたいなスクリーンに表示する
Oculus QuestでVTuberっぽく、3Dキャラが自分の動作に合わせて動くようにしたいですよね。 そしてそれを鏡に映した形で見たい こんな感じで ところがピンとくる記事が少なくて正直困っていましたが、なんとか先...

【VR】Oculus Quest(1・2)でVRIKを使ってVTuberっぽい動作を鏡みたいなスクリーンに表示する


Auto Hand – VR Physics Interaction:VRの掴むなどの処理が楽にできるアセット。両手持ちとかは作ろうとすると大変なので、個人的にはヒット。こぶしの種類も増やせるのも好感。トマトを手でにぎりつぶすのが地味に快感。設定などを上書きしないようにしているのも〇。

触ってみた感想など使ってみた記事

【Unity】「Auto Hand」~Oculus Quest1・2向けに動作確認したアセット紹介【VR】
Oculus Quest2(1も含む)用ゲームやコンテンツ制作を進めたいと思うのですが、アセットがなかなか対応していないケースが多く、苦戦している方も多いのではないでしょうか? 自分もそのうちの1人で、買ったアセットがVRやQuest...


Amplify Shader Editor:シェーダーエディターの定番と言えばこれですね。自分は他のものを持っていますが、こちらを使う人が多いですね。情報が多い方が何かと便利です、実は。


MegaFiers – 2:メッシュの変形を容易にするアセット。

Third Person Controller – Shooter Template :武器による戦闘やシューティングゲームのテンプレート。サードパーソン、トップダウン、2.5Dなど多くの形式に対応しており、かなり充実しています。


Mesh Baker:オブジェクトの容量を軽くするには定番。買いましたが、全然触っていないのですが、お勧めする人も多いですね。

Fantastic City Generator:自動でリアルな町を作成できるジェネレータ。個人的にお気に入りで車とかの交通も作れるし、右通行左通行も設定できるなど使い勝手がいいです。おすすめ!

当ブログでの紹介記事

【Unityアセット】Fantastic City Generatorを使ってみた【おすすめ】
それなりのリアルさをもった町を気軽に作れないかなとUnityを使っているとありました。 何だかんだで3Dモデルなどはあるのですが、その配置などにはセンスや時間がかかりすぎる そんな時におすすめしたいアセットが今回ご紹介する「Fa...

【Unityアセット】Fantastic City Generatorを使ってみた【おすすめ】


EasyRoads3D Pro v3:道路を作るならこれ!という定番アセット。購入済ですが、使いこなし切れていません。すごくいいのは触っていてもわかるんですけどね・・・


Gaia Pro 2021 – Terrain & Scene Generator:もはやド定番の自動で地形をつくるアセットの2020以降対応版。機能縮小版のGaia 2021 – Terrain & Scene Generatorを使ってみてフル版にするのもあり。1/7ほどの値段で買えますし、Pro版の割引があったりするので。


Pure Nature:この世界に入り込みたいと感じる自然環境3Dモデル。デモを触ってみましたが、少し癖があるかも。


POLYGON Sci-Fi Space – Low Poly 3D Art by Synty:ローポリゴンのSF宇宙戦争にちなんだ3Dモデルセット。戦闘機、宇宙船の外部や内部、ステーションなどこれも多彩で個人的にコクピットなどが好み。


POLYGON – Street Racer – Low Poly 3D Art by Synty:おなじみ3Dモデルセットで有名なSyntyさんのストリートレーサーパック。アートと名がつくだけあって力が入っていますね。


POLYGON Dungeons – Low Poly 3D Art by Synty:ダンジョンを作るのに大切なローポリモデルセット。意外と雰囲気が出ていていいですよ。


UModeler – Model your World:エディタ上でモデリングができるアセット。公式動画などでも武器の作り方などを公開されているので、参考になります。

少し触ってみた記事

【Unityアセット】エディタ上でモデリングができる「UModeler - Model your World」を触ってみた【VR対応&購入感想】
Unityアセットストアで購入したアセットを最近いろいろと触っています。 何で今まで使っていなかったのかと後悔するようないいものも見つかったりします。 今回は「UModeler - Model your World」です! ...

【Unityアセット】エディタ上でモデリングができる「UModeler – Model your World」を触ってみた【VR対応&購入感想】


Space Graphics Toolkit:宇宙や星関係の表現を実装できるアセット。水位なども変更出来たり、用途がいろいろ浮かびますね。最近買った中では上位で驚いたアセットです。

 


Text Animator for Unity:テキストのアニメーションを表現できるアセット


Dialogue System for Unity:会話システムを構築できる有名アセット


Liquid Volume Pro 2:液体の動きなどを再現するアセット。重いんですけど、デモを触ってみると面白いんです。


Ultimate Spaceships Creator:宇宙戦で活躍しそうな船や戦闘機などのパーツセットで組み合わせることで理想のモデルを作ることができるアセット。このパブリッシャーのアセットはプラモデルを組むみたいに使えるのでワクワクします。

初心者の方にもおすすめできる安定したラインナップだなと感じますね。

合計金額が税込米110ドル以上ならこのクーポンコードを!

税込で合計100ドル以上の本セール対象アセットがカートに入った状態で決済手続き前に「BESTOF2022」というクーポンコードを入力すると、さらに値引きになります。

  • $110超:5%OFF
  • $192.5超で10%OFF
  • $275超で15%OFF

入力の仕方などは下記を参照してください。

【Unity Asset Store】アセットストアクーポンのご利用方法 – Unity公式 Asset Portal

興味がある方はぜひこのチャンスを活かして購入しましょう!

Unityアセットストアのセール会場へ向かう

過去のUnityアセットストアセール記事

UnityAssetStoreセール
「UnityAssetStoreセール」の記事一覧です。

当ブログのUnityに関する記事

Unity(ユニティ)
「Unity(ユニティ)」の記事一覧です。

Unity(ユニティ) | はいみっくすわーるど (highmix-w.net)

IIJmio(みおふぉん)
ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログ VR(バーチャルリアリティ)へにほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました